LEGACY BLOG

« RALLY AMERICAが熱い! | トップページ | 清明 »

2007年4月 4日

ニューヨーク・オートショー開幕

  皆さん こんにちは。スバルの岡田です。 ココログメンテナンスのため、昨日よりトラックバックの受付、そして更新ができず申し訳ありませんでした。 東京は夕方になってなんと「雪」がちらつき、先週のお花見が嘘のような天気です。

  さて既にNETWORKの方のブログでも取り上げられていましたが、現地4日のプレスデーを皮切りに「NEW YORK INTERNATIONAL AUTO SHOW」が開幕しました。

  同時に昨日 新型 スバル インプレッサ(米国仕様車)の情報をリリースいたしましたので、既にWEBなどのNEWSでご覧になった方も多いかと思います。

 Ml30702450_1 (写真はすべて米国仕様車)

 スバルグローバルサイトでも、これからNYショーの情報が更新されていく予定です。是非 お楽しみに! 続きでは昨日のプレスリリースをご紹介させていただきます。

以下 プレスリリースより引用(説明はすべて米国仕様車)

 富士重工業は、今年、全世界で市場導入を予定し、第三世代となる新型スバル インプレッサを公開する。なお、米国仕様車を米国ニューヨークにて開催される2007年ニューヨーク国際自動車ショー(4月4日~5日プレスデー、4月6日~15日一般公開)に出展する。

 新型スバル インプレッサの商品コンセプトは「新快適スタイル」。水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDによる気持ち良い走りと高い安全性を基本に、洗練されたエクステリアと質感の高いインテリア、ゆとりある室内空間、優れた機能性などの融合を目指して開発されている。

Ml30702600_1 Ml30702580_1

1. コアメカニズムのさらなる進化
スバルが新しく目指す「スバルだからこそできる魅力的な価値提案*」の実現のため、シャシー、ボディ、エンジンなどを刷新し、クルマの基本性能を大幅に向上。 スバル独自のシンメトリカルAWDによる、意のままに操れる気持ち良い走りと、高い安全性、環境性能のさらなる進化を図っている。

*「スバルだからこそできる魅力的な価値提案」のために、クルマに乗るお客様すべてが気持ち良いと感じられる走り、安心だと感じられる信頼、使いやすいと感じられる機能などを、スバルは追求している。

<シャシー>
・リヤサスペンションには、新設計のダブルウイッシュボーン式を採用。路面からの入力を効率的に吸収し、しなやかで上質な乗り心地と俊敏なハンドリングを実現。
・エンジン搭載位置を下げることで、低重心である水平対向エンジンの特性をさらに強化し走行安定性を向上。
・アクティブセイフティ性能を高めるため、VDC(横滑り防止装置)装着車をラインナップ。
<ボディ>
・ボディ要所の結合部剛性を向上させるとともに高張力鋼鈑を適所に使用。車体全体での構造合理化を図り高いボディ剛性を確保。
・ボディ構造の効率化により優れた安全性を確保しつつ軽量化を実現、燃費と運動性能を向上。
<エンジン&トランスミッション>
・エンジンは、低中速域のトルクを向上させ、常用域で扱いやすい出力特性を実現。実用燃費、排出ガス浄化性能などの環境性能も向上。
・2.5ℓ SOHCエンジンは、新形状吸気ポートの採用などにより低中速域のトルクや燃費性能を向上。また、触媒の仕様を最適化し排気ガス浄化性能を向上。
・2.5ℓ DOHCターボエンジンは、新設計のインテークマニホールドやインタークーラー、ターボチャージャーの採用により、低中速域のトルクと燃費性能を向上。
・トランスミッションは、オートマチック、マニュアルとも変速の質感や操作性を向上。
<安全>
・環状力骨構造ボディを進化させ、前面、側面、後面の全方位に対応する高い衝突安全性能を実現。
・デュアルSRSエアバッグ、サイドSRSエアバッグ、カーテンエアバッグを全車標準装備。
・前面衝突時にドライバーの下肢障害を軽減するために、セイフティペダルを全車に採用。

2. デザイン
機能と美しさの融合。「ゆとりある空間と、スポーティな外観をあわせ持つデザイン」
<エクステリア>
洗練されたプロポーション、光と影をコントロールしたボディ面造形、質感の高いディテールを特長とするエクステリアデザイン。
・サイドはスピード感あふれるエッジのきいたキャラクターラインで個性を演出。
・フロントフェンダー、リヤクウォーターは大きく張り出し、スポーティなイメージを強調。
・ヘッドランプはプロジェクターランプを中心に立体的で機能感あふれる造形。
5ドア車
・フロントからAピラー、ルーフを通りリヤゲートまで連続した流麗なプロポーション。
・全車標準装備のリヤスポイラーは空力性能を向上するとともにスポーティなイメージを表現。
4ドア車
・リヤオーバーハングを5ドア車から165mm延長し、機能と美しさをあわせ持つ伸びやかなデザイン。
<インテリア>
・良好な視界と適度な包み込まれ感でゆとりある室内空間を実現。
・センターパネルからドアトリムにかけて躍動感ある金属調加飾パネルを配し、スポーティさと空間の広がりを演出。
・車両情報表示やオーディオ、ナビゲーションシステムを視認性に優れるセンターパネル上部に配置するなど機能性を追求。
・触感に優れるシート表皮の採用やダブルステッチによる縫製など、上質感を表現。

3. パッケージング/ユーティリティ
ゆとりある空間や良好な視界、高いユーティリティをあわせ持つ、優れたパッケージングを実現。
・従来型に対して、ホイールベースを+95㎜延長し室内空間を拡大。
・新開発のダブルウイッシュボーン式リヤサスペンションの採用により、カーゴルームおよびトランクルームのユーティリティを大幅に向上。
・5ドア車のカーゴルームはゴルフバッグ2個、または機内持込みサイズのキャリーバック5個の積載が可能。さらに6:4分割可倒シートにより、多彩なシートバリエーションを用意。
・4ドア車のトランクスペースはゴルフバッグ3個の積載が可能。大きな開口部を有する6:4分割可倒式トランクスルー機能を標準装備。
・サッシュ付きドアの採用によりリヤドア開口面積を広げるとともにドア開度を広げ、乗降性を向上。
・フロントドア、リヤドアとも最大720mℓ(24オンス)サイズのペットボトルまで収納できるドリンクホルダーを装備。

Ml30702410_1

2007.4. 4 お知らせ

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» とうとう公開!次期スバル インプレッサ トラックバック むつぼしてんとう
富士重工業のプレスリリースを見ていると、、、 2007/04/03 新型スバル インプレッサを公開 (PDF/48KB) http://www.fhi.co.jp/news/07_04_06/07_04_03_01.pdf いろいろ情報はありましたが、ようやく出てきたって感じかな!? 個人的には、、、ん〜〜〜、どうなんかね? なんかコメントしにくいなぁ、、、`s(・’・;) エートォ… 初めて見た時の、第一印象は「インプレッサっぽくない」って感じでした。 ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 19:49:49

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 新型インプレッサ ついに登場!! トラックバック スバルオーナーのエンジニアが思うこと
いやー、ついに出ましたね。 待望のNewインプレッサ。 ニュース記事はこちら 富士重工のプレスリリースはこちら でも。。。。。。。 小ぎれいにはなったけど。。。。 いまいちピンと来ない。 これなら、今のWRXの方がいいと思っています。どうでしょう? 後は、WRCベース..... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 20:59:59

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 新型インプレッサが登場! トラックバック SUBARUで行ってみよう~!やってみよ~!
明日から始まるニューヨークショーに出品される新型インプレッサが発表された。 噂どおり、セダンとハッチバックのラインナップだ。 しかし、マツダ車風に見えるのはオレだけか? こんなことは言いたくないが、段々デザインが悪くなっていく気がするのは気のせいでしょうか? トライベッカのデザインが走召ぉ~かっこよくなったのとは対照的だ。 今回は勝手にトライベッカの勝ち(w [続きを読む]

受信: 2007/04/04 21:51:03

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» トライベッカがカッチョよくなったぞ!! トラックバック SUBARUで行ってみよう~!やってみよ~!
北米・欧州では販売されていたB9トライベッカがスバルトライベッカとして、リニューアル。どうやら国内販売されるようだ。 いままでのトライベッカはフロントフェイスがどうも日本人受けしないデザインで、これを販売しても日本じゃ売れないと思っていました。周りの友人も同意見が多数。メカニカルな部分や、走り、内装などはSSM3などで見た感想ですが、かなり高い水準にあると感じてました。デザインさえ良ければ… スバルもそんなユーザーの声を知ってか知らずか、大胆なフェイスリフトを実施し、印象をがらりと変えて... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 21:52:29

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» [くるま]三代目 トラックバック JET〜サファイアの星の彼方へ〜
レガシィブログで触れられていますが、今年デビューする三代目インプレッサが公開されました。 スポーツワゴンが廃止され5ドアハッチバックが設定されることはすでに自動車誌等で伝わえられていましたが、 初めて買った車が初代インプレッサワゴンだったので、正直寂しい感... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 22:41:53

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 普通になったな...トライベッカ トラックバック 【H&Y ROOM|hiro's blog】
かなりインパクトのあるデザインだったスバル トライベッカがマイチェンでふつーにな... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 22:43:40

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 【スバル】新型インプレッサ(GE、GH型)登場! トラックバック 碧き流星
ついに、新型インプレッサが正式に発表されました!今回のモデルチェンジにより、インプレッサスポーツワゴン、セダンの名が消え、5D(5ドアハッチバック)、4D(4ドアセダン)と呼ばれるようになるようです。型式ですと、5DがGH、4DがGEとなると思います。ヨーロッパ市場では5ドアがよく売れているだけにそれを意識したモデルチェンジとなっています。WRCも5Dで参戦することになっていますので、メインが5D... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 23:28:58

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 新型インプレッサ発表! トラックバック インプレッサ スポーツワゴン 15i-S
2007年ニューヨーク国際自動車ショーに出展される新型インプレッサが発表になり [続きを読む]

受信: 2007/04/05 0:44:27

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» スバル・カローラ? トラックバック お庭でいっぷく
ニューヨーク・オートショーに合わせて、3代目となる次期インプレッサが発表されまし [続きを読む]

受信: 2007/04/05 1:14:19

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 新型インプレッサ初公開… トラックバック 羽田さんちのおもちゃ箱7
ニューヨークショーで新型インプレッサのワールドプレミアが行われるようですが…公開された画像はこんな感じです。 …もしどんなに速くても乗らないだろうな。 やっぱりこのタイプがインプレッサらしくて好きです(昔乗っていたものです)。お金に余裕持ったらセカンドカ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/05 5:54:23

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 噂のインプレッサ トラックバック 週刊オヤジblog
新型インプレッサがNewYorkショーに登場しました。 噂どおりのハッチバックとセダンの2タイプ(セダンは北米用)。 殆どのラリー車がハッチバックですから、この進化は正常進化なのでしょう。 とりあえず、6月の日本での発表を待ちましょう 出典:米国...... [続きを読む]

受信: 2007/04/05 23:39:28

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 2007新型インプレッサ登場!でも失望... トラックバック 【H&Y ROOM|hiro's blog】
2007ニューヨークモーターショーで新型インプレッサがデビューする。 今年のスバ... [続きを読む]

受信: 2007/04/06 12:49:26

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» 新型インプレッサの戦闘力は期待できるかな?! トラックバック SUBARUで行ってみよう~!やってみよ~!
新型インプレッサのディメンションが発表になりましたが、特筆されるのはホイールベースが現行より長くなっている点。 市販車ベースのGDAで95mm、GDBで80mm長くなっている。下の表はWRカーとの比較だが、現行のインプレッサWRC2007より75mm長い。 近年のWRカーの傾向としてホイールベースが長くなっている。高速化してきているコースレイアウトとマシンの高性能化、コーナーをドリフトで抜けるスタイルからグリップ走行へのドライビングスタイルの変化などの影響だと思われる。<... [続きを読む]

受信: 2007/04/06 18:34:21

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク・オートショー開幕:

» これはデザインとは言えない トラックバック それさえも平凡な日々
自称、日本で最もスバルを生暖かく見守る私が来ましたよ。 新型インプレッサ(Impreza)の既に発表から数日、ネット上の評判を見てみると、殆どがネガティブ。NA [続きを読む]

受信: 2007/04/07 12:31:18

ページのトップへ