LEGACY BLOG

« 鈴木雅之さんCDプレゼント! | トップページ | IMPREZA 22BーSTi »

2007年3月15日

世界生産累計300万台記念日

   皆さん こんにちは。スバルの岡田です。「私が考えるレガシィのCMコピー」にはたくさんのトラックバックありがとうございます! 皆さん 秀作揃いで読むのが楽しいです。過去のサンプルも載せていますので是非、たくさんのトラックバックお待ちしています!

02_06_1 (3代目レガシィ)

  そして「鈴木雅之さんCDプレゼント」にも早速の応募ありがとうございます。レガシィブログの懸賞は比較的当たりやすい!?と言われていますので是非 どしどしご応募ください!  どちらも締め切りは、25日(日)です。

  さて本日は「レガシィ記念日」今から2年前の昨日。2005年の3月14日は、レガシィの世界累計生産台数が300万台を超えた記念日でした。(発表は3月15日)

 以下 当時のプレスリリースより抜粋

スバル レガシィ 世界累計生産台数300万台を達成

 富士重工業は、2005年3月14日に、スバル レガシィの世界累計生産台数が300万台を達成したことを発表した。1988年11月から同社群馬製作所矢島工場で生産を開始して以来、16年4ヶ月での記録達成となる。

 スバル レガシィは、従来の主力車種であった「レオーネ」の後継車として、1989年2月国内市場に導入。車の基本性能である「走り」を主張すべく開発を行ない、FIA(国際自動車連盟)公認の「10万km連続走行・世界速度記録」を樹立、その高い性能と信頼性を実証した。また、ワゴン専用のデザインと高出力エンジンを組み合わせた「ツーリングワゴンGT」は、RVブームの時流にも乗って好評を博し、日本でのステーションワゴン市場を新たに開拓した。

米国においては、1989年9月から、スバル・いすゞ オートモーティブ インク(略称SIA、現スバル オブ インディアナ オートモーティブ インク)で生産を開始。1995年、ワゴンをベースに乗用車の乗り心地とSUVの走破性を併せ持つクロスオーバー車「アウトバック」を投入したことにより販売台数が増加、スバルの世界戦略を担う主力車種へと成長した。

現行の4代目は、軽量化と衝突安全性能を高い次元で両立させると共に優れた走行性能をさらに高めたことなどにより、「2003-2004日本カー・オブ・ザ・イヤー」をスバルとして初めて受賞するなど高い評価を獲得。2004年暦年の世界販売台数は、201,645台と人気を持続している。

                  06lt013_5

  以前 国内販売累計100万台の時にもお話しましたが、世界中の300万台*のレガシィ(2005年時点)には、300万人のオーナーがいらっしゃり、ご家族やご友人を含めたたくさんの方の人生のパートナーとしてお使い頂いていることを考えると、大変うれしく、そして改めてここで御礼申し上げる次第です。 

(*:300万台は生産累計ですので現存する台数とは異なります)

2007.3.15 レガシィ記念日

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: 世界生産累計300万台記念日:

» 300万台記念日。。。 トラックバック カー・オブ・ザ・イヤーは過去のモノ!?
こんばんわ。 4日連続でレガシィブログネタです(笑 昨日、3月14日は レガシィの世界累計生産台数が300万台を超えた日なんだそうです。 その日付は2005年3月14日ということです。 へぇーーー、そうだったんだ~ 自分の場合はBGレガシィからBPレガシィへと乗り換えましたが 初代から歴代のレガシィを次々と乗られて来られた方もいらっし... [続きを読む]

受信: 2007/03/15 18:37:28

この記事へのトラックバック一覧です: 世界生産累計300万台記念日:

» これ、リコールじゃないの? トラックバック 週刊オヤジblog
お気に入りだから一言(ユーザーのクレームもきちんと受け止めて!) 家のレガシー、妻が運転中にチャージ警告灯とブレーキ警告灯が同時に点灯し慌てたらしい。 幸い何も問題なくウチまで帰りついたようだが、何だか不安だ。私が、乗ってみると警告灯は点灯せず異常ない...... [続きを読む]

受信: 2007/03/17 18:59:03

ページのトップへ