LEGACY BLOG

« 夢に向かって | トップページ | グローバルサイト シンメトリカルAWD映像が更新されました。 »

2006年11月27日

欧州便り

  皆さん こんにちは。スバルの岡田です。今朝の東京は冷たい雨が降っています。風邪が流行っているようですので皆様 お体ご自愛ください。

    さて、スバルの欧州事業を統括する「SUBARUヨーロッパ」という会社がベルギーにあります。今日はそのベルギーからレガシィブログに便りが来ましたのでご紹介させて頂きます。

 はじめまして、スバルヨーロッパ駐在の渡辺です。ベルギーからお送りします。
みなさんは欧州というとどのような連想をしますか?車が好きな方の中では、ドイツのブランド車や、アウトバーンを想像する方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

  確かに欧州、とくにドイツでは、発達した高速網インフラに添う、グランドツーリング志向の車が発達してきました。その反面、昔ながらの旧市街に入りますと、中世の雰囲気を残す石畳の道が健在です。

  欧州車はこの全く違った道の上で磨かれ続けているのです。スバルはみなさんのイメージ通り、ドイツなどでの高速グランドツーリングがお手の物です。

  一方、ここベルギーでも、石畳を走る機会がありますが、レガシィはこういった石畳の道もしなやかにこなしてくれます。この石畳でのクルマの挙動が 欧州車のサスペンションを発達させたと言う方もいるくらいですが、スバルの足は、こういった場所でも磨かれています。

  高速、石畳・・そしてまだ第三の道がありました。 少し中心部を外れると、未舗装路も多くあります。写真はブルーベルの花咲くブリュッセル近郊の森です。幻想的な風景にレガシィは溶け込んでいますでしょうか? (渡辺)

 Se_1

  いかにもヨーロッパといった景色ですね。ブルーベルの咲く ちょっと幻想的な風景、いつか行ってみたいものです。 皆様も旅行で行った景色の写真や海外の情報なども 是非トラックバックしてください。お待ちしております。

2006.11.27 レポート

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州便り:

» [01]立山 - 始動 トラックバック 猫背デイズ
例年、ボードの開幕戦は無闇なハイテンションで始まる事が多いわけですが、いいオトナ [続きを読む]

受信: 2006/11/27 12:43:53

ページのトップへ