LEGACY BLOG

« ミヤタスバルレーシングチーム | トップページ | 母と子の楽ラク運転講習会 »

2006年10月13日

マッキントッシュ・サウンドシステム

 皆さん こんにちは。 スバルの岡田です。久しぶりに「4代目 D型の進化」 今日はマッキントッシュの更に深い話。研究実験部の宮本からの報告です。

  初めまして 研究実験部の宮本です。オーディオ評論家の方も言うように、カーオーディオとホームオーディオとでは絶対的な違いがあります。それは、人とスピーカの位置関係の制約です。例えばステレオホームオーディオにおいて、スピーカは人の前方の左右にレイアウトされ、音はその左右スピーカにまたがる前方空間から聞こえてきます。


  この理想的音響空間(音像定位)を人とスピーカの位置関係が非対称な車内にて再現することは、非常に難しく、日々苦悩・研究しています。今回のマッキントッシュシステムMym_3 は、これを解決する手段を講じました。

 

                 06lk036_2

 それは、センタースピーカです。センタースピーカと言えば、5.1chサウンドシステムに用いられることが多々ありますが、私たちは、目指すホームオーディオシステムと同様な音響空間を造り上げるこだわりから、CD2ch再生システムにて、これを採用しました。また、従来のシステムに対して、車室内での反射が少なくなる小さな音量時においても、音像位置が下がりにくいことも特徴の1つです。

  また、マッキントッシュサウンドとは、“暖かくエネルギッシュな音“、”豊潤・濃密なサウンド“と評されています。私たちは、再生環境的に厳しい車室内にマッキントッシュサウンドを造りこみ、進化・性能向上を続けてきました。

  今回のレガシイマッキントッシュサウンドでは、より “やさしさ”、“あたたかさ”のある音を造りこむことをテーマに取り組みました。

  何事も基本が大切であり、イコライザーでのチューニングの前に、基本であるオーディオ内部素子のレベルアップ、ダブルツイータの接続方法の見直し、フルレンジスピーカの低音再生特性見直しを行い、その後、微妙なイコライザーさじ加減にて補正、味付けをしてきました。

                                   06lk035_3

  この領域のチューニングには、まず、音を聞き分けるために、自身の心を落ち着かせることも重要であり、開発で汗している中、幾度も幾度も、自己チェックしながら、チューニングしていた日々が思い出されます。

    いろいろなことがありましたが、結果、やさしく自然に奏でてくれる音で満たされる、楽しくゆったり過ごせるリスニングルームに仕上がったと思います。まだまだ、開発段階の秘話は尽きませんが、今回の進化したマッキントッシュサウンドが、いつでもどこでも楽しい音を奏で、愛されることを信じつつ、今回はこの辺で。<宮本>

  そして更に「ご存知ですか!?」 実は代々レガシィのプレミアムオーディオではワゴン/セダンの音場特性の違いから、パワーアンプの出力波形をセダン/ワゴンで変えて、どのレガシィでも最適な音を楽しめるようにしています.。

2006.10.13 4代目 D型の進化

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» レガシィ B4 来る! トラックバック 読書三昧
 秋晴れの日に、レガシィB4が来た。車種は3.0Rで、HDDナビとマッキントッシュ・サウンドシステム付き。  契約後、待つことおよそ1ヶ月半あまり。ボディカラーのアーバングレー・メタリックが特殊だとか... [続きを読む]

受信: 2006/10/14 10:21:28

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» マッキントッシュ・サウンドシステム トラックバック レガシィを買うってこういうことだったのかぁ
 私のCD、端唄やマリアッチ、うしろゆびさされ組もありますが、やはり多いのは、クリスマスのCDとクラシックです。  録音の古いのが大半ですから、このシステムが目指したという「忠実再生」にびっくり!という体験をしました。ものの本に、よい録音はよい音に、悪い録音は悪いままに再生するというようなことが書いてありましたが、本当にそうでした。  ワルターのベト2(関西流ではベー2・Beethoven SYM.2)で、コロンビア響のセカンドバイオリンのがさがさしたところが聞こえてくるんです。コロンビア響は、... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 19:27:38

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» マッキントッシュの悪夢 トラックバック 悠悠閑閑
「マッキントッシュ」と言ってもパソコンのことではありません。 オーディオであるんですね。超高級オーディオの会社が。 そして、レガシィにはオーディオが「マッキントッシュ」のモデルがあるんです。 おかげで私、ここ半月ほどうなされ続けております。 全ては先月29日に起こりました(仰々しいな)。 10月28・29日、スバルの「お客様感謝デイ」がありました。いつもこの「感謝�... [続きを読む]

受信: 2006/11/17 21:07:12

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» Let It Snow! トラックバック :: 雪人yukin-chu diary ::
そろそろクリスマスイルミネーションも華やかになってきました。 昨日の疲れが残る今朝の車中は、クリスマスソングのオンパレードでテンション上げ上げッス♪個人的にクリスマスソングといえば、Frank Sinatraの“ Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!”やTony Bennettの“ Winter wonderland”とかが、ワクワク感があって気分高鳴ります。 これ系のニューヨークジャズな音は、僕の愛車のマッキンサウンドでい〜音響かせるんスよ♪ しか... [続きを読む]

受信: 2006/12/23 0:08:24

ページのトップへ