LEGACY BLOG

« オーストラリア走行試験1 | トップページ | 2006 RALLY JAPAN 応援キャンペーン »

2006年8月 2日

オーストラリア走行試験2

  皆さん こんにちは。 梅雨が明けたのにはっきりしない天気ですが、改めて暑中お見舞い申し上げます。 さて、今日は昨日に引き続きオーストラリア走行試験レポートその2です。

  3日目、快調に試験は進みます。キャンベラからシドニーへの道のり。途中寄り道をしながら450km。本日もOK。

  4日目、本日は少し緊張、シドニィ郊外のイースタンクリークサーキットでの走行試験。それに加え、あいにくの雨。しかし、心配は無用でした。低重心&シンメトリカルAWDのレガシィ、ウェットな路面を確実に捉え事故も無く走りきり無事終了。(腕が無いので、比較車ではスピン! 怖かった。でも、あの車も4WDターボだったのに、やっぱり下手なのかな?)

Imgp0744_2 Imgp0743_1

  この日試験チームはブルーマウンテン(ユーカリから油分を含んだ蒸気が上がり山全体が青白く見えるためについた名前らしい)へ往路は穏やかな登りでの試験。ブルーマウンテンエリアでは、初日とは少し異なる高速ハンドリング評価路。前日のサーキット走行試験でメンバーの腕前も上達?本日もOK。ミルキーウェイ(天の川)がとても綺麗な一夜を過ごす。

Imgp0755_2 ブルーマウンテン

 5日目、シドニーへ向け出発。復路はクルーズコントロールの試験。アップダウンが激しいコースで一定の速度を保って走ります。5km/hオーバーでもスピード違反になる厳しいオーストラリア。クルーズコントロールの試験は重要です。お蔭様で無事シドニーに到着。シドニーの夜景は何度見ても綺麗だな。食事もGOOD。本日もOK。


 6日目、本日は休日。あいにくの雨模様でしたが、シドニー市内を堪能。リフレッシュ。

 7日目、いよいよ最終日、メニューは市内でSI-DRIVEの燃費評価。今もなお、シドニーオリンピックのマラソンコースには青いラインが残っています。マラソンコースを含め設定コースを何度も走行、インテリジェントモードではストレスも無くアクセルをコントロールできるので愉しく走行が出来ました。でも、一日で市内を220km走行。 

 しかし7日間よく走りました!(行木)

 NEWS   「ブルーに染まる戦いが今年も始まる」   2006 RALLY JAPAN 応援キャンペーンサイト スタートしました。

2006.8. 2 レポート

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

ページのトップへ