LEGACY BLOG

« スバル グローバルサイト | トップページ | オーストラリア走行試験2 »

2006年8月 1日

オーストラリア走行試験1

  皆さん こんにちは。 東京は梅雨明けしましたが、何故か少し涼しい今日この頃です。昨日お知らせいたしましたがNETWORKメンバー更新しました。新しいメンバーの方のブログにも是非ご訪問してみてください。

  LEGACY STYLEのお題「あなたとレガシィの出会い」にはたくさんの心のこもったトラックバックありがとうございました!今日からのお題は「あなたの週末の過ごし方」です。是非 たくさんの楽しいTBお待ちしています!

  さて、夏休みに海外に行かれる方もいらっしゃると思いますが、レガシィも世界のいろいろなところで試験をしています。今日はIntelligent LEGACYの海外での走行試験について車両実験総括部の行木より報告です。

  皆さん 初めまして。車両実験総括部の行木ですYuuki

  少し古い話ですが、昨年(2005年)の11月、新型レガシィ2.5lターボ車(外観は、旧型仕様です)にて、メルボルンからシドニーまで全走行距離約2700km程走行しました。

  目的は勿論、Intelligentレガシィの各種性能評価です。この豪州走行試験の結果により豪州仕様のレガシィは勿論、日本仕様のレガシィにも詳細変更が実施され現在の姿となったのです。

  新型レガシィでは、低-中速性能を大幅に向上した2.5LターボエンジンとSI-DRIVE採用によるドライバビリティの進化と実用燃費の向上をオーストラリアで実証し、また、車体の剛性UP等による乗心地やハンドリング性能の向上も確認しました。

  それでは、走行試験記です。

  1日目、走行安定性や乗心地評価をメルボルン近郊で実施しました。その評価路は、程好くワインディングし路面状況も多様な評価路で現地のジャーナリストも使用しているとのことです。そんな、評価路を基本性能(ボディ補剛や低中速トルク向上エンジン)を向上した新型レガシィはスイスイと各コーナーを安心して駆け抜けました。まずは、OK。

  2日目、いよいよ長距離走行、メルボルンからキャンベラまで約750km!の道のり。途中大きな問題が発生。予定していた給油ポイントでガソリンが完売!次の給油ポイントまでは約200km!ところが、本日の前半は運良くインテリジェントモードでの評価が多かったので、予定よりも燃料消費量が少なかった。

Imgp0730_3 ジンバタインへ続くワインディングロード

  ‘助かった!’無事隣の町まで無給油で到着。あらためて、実用燃費向上を目指した開発のユーザーベネフィットを実感したと共にオーストラリアの大きさを実感しました。

 その後、オーストラリア唯一?のスキー場エリア(ジンダバイン)を経由し、クーマ(オーストラリアで最もSUBARUが多く走る町)へ行く途中の休憩ポイントではカンガルー親子がお出迎えしてくれました。

 Imgp0728_2 お出迎え

    夕食をクーマで取り、本日の宿泊地首都キャンベラへ到着。途中、真っ暗な道路脇には多くのカンガルーが我々の試験を応援しにきていました。(我々は、何時道路を横断するかびくびくしながらの走行、しかし、ヘッドランプの性能が良いレガシィなので、こちらからは、彼らの行動が手に取るように見えました。レガシィに感謝)今日も、OK!

<続く>

2006.8. 1 レポート

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

ページのトップへ