LEGACY BLOG

« ボディの進化2 | トップページ | なつかCM 初代ワゴン »

2006年7月13日

マッキントッシュ・サウンドシステム

 皆さん こんにちは。 2日にわたるココログ・メンテナンスご迷惑をお掛けしました。たくさんの方にご覧頂く時間帯のパフォーマンスが良くなったことに期待し、たくさんのトラックバックお待ちしています!

  LEGACY STYLEのお題「あなたとレガシィの出会い」も楽しみにしています。LEGACY NETWORKのメンバーも増えています。メンバーのブログも是非 見に行ってください。そして是非、まだ入っていないお友達もNETWORKメンバーにお誘いください!

 さて、レガシィの進化シリーズ。今日はグランドツーリングを快適にするアイテムでもある「マッキントッシュ・サウンドシステムについて 内装設計の若本から報告してもらいます。

 皆さん はじめまして。レガシィのオーディオを担当している若本です。Photo_34

 マッキントッシュは1949年、米国東海岸ニューヨーク州ビンガムトンに設立されました。以来、パワーアンプを始めHOME用のハイエンドオーディオを創り続けてきたブランドです。

 マッキントッシュの音づくりに対する哲学とサウンドクオリティに共感したスバルは、その性能をレガシィで最大限に発揮させるために共同開発を行い、専用システムを完成させました。その内容は単にオーディオシステムの開発にとどまらず、ボディ構造のチューニングまでも含む徹底した取り組みだったのです。

 そのマッキントッシュがレガシィに搭載されて9年目、D型で又、新しいサウンドシステムが完成しました。常に「車室内に最高のリスニングルームを作りたい。」という思いから、3年かけてシステム全体を見直し、さらに原音忠実再生に近づきました。

             24u

  特にセンタースピーカーの追加、バーブラウン製アドバンスド・セグメント方式24bit/192kHz D/Aコンバーターの採用によって、CDに入ったありのままの情報を余すことなく再現し、とにかく原音に忠実に再生するのがこのオーディオシステムです。

  参考までに、開発時に音のチューニングに使用した評価CDの一部を下に紹介しますが、この評価CDで最高の音を出せるようにマッキントッシュとスバルの技術者が創りこみました。このCDを再生することで、我々が創りたかった音を体感していただけます。

  ただ評価CDは入手が困難な物が多く、若本のお勧めは「中島美嘉/BEST」です。どこでも入手可能なのがお勧めの理由です。ボリュームを24~25にして、TRACK9 「雪の華」を再生してください。Mcintosh_sp_1

  性能の劣るオーディオやラジカセだと中島美嘉さんの声しか楽しめないのに、マッキントッシュでは後ろで伴奏しているピアノのとてもやさしい音まで楽しめます。また、始まって1分30秒、最初の盛り上がる部分で、左側から鈴が「シャン…シャン…シャン」と鳴っているのがわかりますか。

 この鈴の音で雪が降るのを表現しているのかもしれませんね。曲が後半にいくにしたがって、楽器が増えて中島美嘉さんを盛り上げていきます。まるで中島美嘉さんと楽器で合唱しているようです。あらためて「雪の華」とは中島美嘉さんだけではなく、楽器の音も含めてこの雰囲気をだしているのが分かりました。

 みなさんも中島美嘉さんのCDを持って、一度試聴してみませんか。きっとCDの聴き方・楽しみ方が変わると思いますよ。

【お薦め評価CD】
①ローズマリー・クルーニー / SINGS BALLADS
②キャロル・キング / Her Greatest Hits
③ノラ・ジョーンズ / come away with me

<お知らせ>ペター・ソルベルグサイン入りカタログプレゼント 明日締め切りです!どしどしご応募を!

2006.7.13 4代目 D型の進化

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» マッキントッシュオーディオ トラックバック HelloMySelf
■ オーディオとエアコンについて その1 「マッキントッシュオーディオについて その1」で、音量が操作しづらいと書きました。 このときは、1ノッチづつ設定できないと書きま [続きを読む]

受信: 2006/07/14 15:09:42

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» ●まっきんとっしゅ トラックバック れがしぃ日記
 レガシィにオプションで選択できるオーディオです。 現行レガシィだと14個のスピーカーを奢る(数が多けりゃ良いわけではないですが)システムです。  マイレガシィは、先代の6スピーカー+サブウーハーのシステムですが、これでもその良さは十分感じています。  私にとっては、とても落ち着けるくつろぎの空間となり、駅から自宅の途中にある駐車場に立ち寄り、マッキントッシュで鳴らす音楽を車の中での�... [続きを読む]

受信: 2006/07/14 18:42:48

この記事へのトラックバック一覧です: マッキントッシュ・サウンドシステム:

» 準備完了! トラックバック 本と仕事とレガシィと
中島美嘉の「雪の華」も入手したし、いつでも来いやぁ!!(笑) って、「何のこっちゃ?」と思われている方も多い事でしょう。 実は、スバルオフィシャルの「レガシィブログ」なるものがありまして、そこに今回のD型のセールスポイント(?)について色々と書いてある訳で..... [続きを読む]

受信: 2006/10/01 1:35:04

ページのトップへ