LEGACY BLOG

« 「もっとクルマになる」 | トップページ | ボディの進化1 »

2006年7月10日

MAVIC LEGACY

 皆さん こんにちは。 スバルの岡田です。週末はどこかにお出かけになりましたか?

 さて、又 新しいカテゴリーを作成してしまいました。「パートナーシップ」。 お蔭様でレガシィは、様々なスポーツやアウトドアなどの企業/チームのパートナーとして活躍しています。この「パートナーシップカテゴリー」ではそういったレガシィ達を紹介していきたいと思います。

 第一弾は、競技用自転車のホイールの分野で圧倒的なシェアを占めるフランスのブランド「MAVIC」のサポートカーとして活躍するレガシィのご紹介です。

Mavic_legacy_1

  自転車選手は平均約60km/h、下りでは最高速90km/hにまでも達するスピードで走るので、その選手に付かず離れず走るサポートカーには、高い走行性能が必要。という理由でMAVICがレガシィをサポートカーに選んで頂いたのが10年前。2代目のレガシィの時代です

Zennnihon05_002 

  実際にMAVIC-LEGACYをドライブしている アメア スポーツ ジャパン㈱ 早田(そうだ)さんにお話を伺いました。

  マヴィックでレガシィに乗っている早田です。マヴィックは競技用自転車のホイールを扱うブランドです。と同時に自転車のレースにおいて、必要不可欠な「ニュートラルサポートカー」を日本でも走らせています。

 イエローにペイントされたレガシィは、通称「マヴィックカー」と呼ばれています。レース中、選手と同時にコースを走り、不意のパンクやメカトラブルに対してサポートしています。

 迅速に対応するために、選手に一番近い場所を走ります。峠を下る選手のスピードは速く、低重心で高い運動性能を持つレガシィは、キャリアにスペアバイクとホイールを満載した状態でもドライバーと後部座席のメカニックに大きな安心感を与えてくれます。

  レース後の長距離の移動も、フラットな乗り心地のおかげで、楽にこなせます。これからも、レガシィと一緒に選手をサポートしていきたいです。

  早田さん、ありがとうございます。確かに軽いホイールとはいえ、屋根の上にあれだけ積むと重心が不安定になりがちですよね。レガシィの低重心がこういう形で活きることはパートナーとして光栄なことです。そして、もう一方でこういったスポーツでは、全国各地に転戦する長い移動の友としての「グランドツーリング性能」も問われるわけですね。

  自転車ファンの方はMAVICーLEGACYを見かけたら是非声援をしてあげてください。

 皆さんの周りでも 「レガシィがこういうスポーツをサポートしてるよ」とか「街でこんなレガシィを見た」「うちのクラブのサポートカーはレガシィ」という話を是非聞かせてください!

2006.7.10 パートナーシップ

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: MAVIC LEGACY:

» MAVIC LEGACY トラックバック れ。
こちらの記事を読んで。↓ http://subaru.cocolog-nifty [続きを読む]

受信: 2006/07/17 11:28:41

この記事へのトラックバック一覧です: MAVIC LEGACY:

» MAVICレガシィに超接近遭遇 トラックバック SUBARUで行ってみよう~!やってみよ~!
相馬原駐屯地祭、伊香保温泉の帰り道。 13:00に駐屯地祭は終わったのに、高崎に降りてきたのは18:00ころ。 なぜ? 紅葉時期の関越道はそこそこ渋滞もします。案の定「花園~藤岡」間が渋滞中。 それなら下道で行くかと、17号を南進すると運転席から「なんじゃ?屋根に王冠載せて走っている変ちくりんなレガシィがいるぞぉ~」とmasuさんが(?_?;) 近くまで接近してもらい、後ま... [続きを読む]

受信: 2006/10/17 16:52:49

ページのトップへ