LEGACY BLOG

« CARTOPIA | トップページ | OUTBACK 2.5i の進化 »

2006年6月21日

SI-DRIVE 北米試乗会 

  皆さん こんにちは。 スバルの岡田です。今日は 5月中旬にカナダで開催された、アメリカ人ジャーナリストによる「SI-DRIVE試乗会」に参加したレガシィ・プロジェクトチーム(PT)山本からのレポートです。(注:北米のレガシィは2,5㍑と3.0㍑の展開です)

  皆様、はじめまして。パワーユニット開発を担当している山本(通称:ヤマケン)です。 今回は、4月13日にニューヨークオートショーで初めて世界に発表されたSI-DRIVE初のジャーナリスト向け公道試乗会の報告です。  

  実施したのは5月。場所は多彩なコースアレンジ、絶好の撮影スポットがあるカナダ・モントリオールです。モントリオールはカナダのケベック州最大の都市、人口は約350万人、フランス語圏の都市としてはパリに次いで世界第2の大都市です。石造りの建築物が多く、教会、ギャラリーが建ち並ぶ歴史を感じる街です。

Photo_70   

  モントリオールを舞台に、商品プレゼンテーション→試乗→懇談というプログラムで進みます。プレゼンテーションでは今回の北米レガシィ、アウトバックの狙いおよびSI-DRIVEの商品説明が行われました。場所は某撮影スタジオ。天井が高く、ゆったりとした空間、抜群の音響設備、工夫を凝らした照明類で・・・レガシィが踊りだしそうでした。

Photo_71 

  プレゼンテーションが終わると、いよいよ試乗です。何とスタジオ後方のスクリーンが軽快なBGMに合わせて開くと、試乗車がズラリと並んでいます。ジャーナリストの方々には、ここでSI-DRIVEの操作方法を始め、変更アイテムをチェックいただきました。試乗車の中にはピクニックバッグ・・・中にはクッキー、チョコレート、飲み物が入っていました。これも楽しいドライブには必需品です。

Photo_72 

  さて、コースを簡単にご紹介します。場所はモントリオール中心部を拠点とし、一周約350kmのコース。午前GTspec.B、昼食をはさんで午後GTを試乗となります。GTspec.Bコースは市街地→フリーウェイ→郊外、屈曲路、アップダウンと多彩にアレンジされています。操安性、乗り心地、ブレーキ性能を十分に味わえるGTspec.Bのパフォーマンスを味わえるコース設定です。

Specb_5

  GTコース:GTspec.Bコース程の屈曲路、アップダウンこそ少ないですが比較的車速が高く、ゴルフ場、スキー場脇を通過する緑豊かでGTのクルージングを堪能できるコースです。市街地では激しい渋滞が発生するサプライズ・オプション付き。疲れた体にこたえる渋滞は、車速・アクセルコントロール性の評価に繋がりました!?

Gt_3 

  午前中のGTspec.B試乗が終わると昼食です。昼食はメープル街道に建つ郷土料理をメインとしたとあるレストラン。年間700人の日本人観光客が訪れるそうです。GTspec.Bのドライビングで興奮した体を、軽快な音楽がリラックスさせてくれます。ここでの料理はメープルシロップを使った料理。メープルシロップに漬けたソーセージや豆類、超甘いパンケーキ、ベーコン・・・想像できますか。卵とジャガイモがこんなに美味しく思えたことはなかったです。温かいメープルシロップをかけてつくるメープルシロップの水あめ=メープルタフィー(Maple Taffy)は、童心に帰れる味でした。美味しかったです!

Photo_73 Photo_74 Photo_75

2006.6.21 レポート

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: SI-DRIVE 北米試乗会 :

» 次期インプレッサには「SI-DRIVE」を( ゚∀゚)o彡゜ トラックバック むつぼしてんとう
ちょうど1ヶ月ぐらい前にマイナーチェンジした、レガシィシリーズ いわゆるD型で新しく採用されたモノの中に、 「SI-DRIVE」(Subaru Intelligent Drive) と言うものがあります。 レガシィのCMで、これでもかと言うぐらい前面に押し出して広告しているので、それなりに興味のある方ならお解かりでしょう。 さて、この「SI-DRIVE」とは、いったいなんぞや? 私はまだD型のレガシィを試乗していないので詳しくは分からないですが、、、(´Д⊂..... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 10:36:04

ページのトップへ