LEGACY BLOG

« 新しいレガシィへの想い 2 | トップページ | 新しいレガシィのエクステリアデザイン »

2006年5月29日

初代レガシィの話

 皆さん こんにちは。 スバルの岡田です。

 週末は たくさんの方にスバルのお店においで頂きありがとうございました。 私も東京都内、浜田山のお店に行きましたが、GTが試乗待ちになっていました。全国的にも試乗待ちでご不便をおかけしたお客様には、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
 
 SI-DRIVE試乗に関するトラックバック ありがとうございます。特にS♯モードのインプレッションを書かれている方が多かったように思います。今後も是非 試乗記をお待ちしております。

 さて、先週は 24日に新しくなったIntelligentレガシィの話を中心にPGM(プロジェクト・ジェネラル・マネージャー)増田の話をお伝えしましたが、初日に書いたとおり、このブログは、レガシィにお乗りの方や、レガシィに興味のある方の集まる場ですので、新しくなったレガシィの話ばかりでなく、今日はちょっと違う話をしたいと思います。

 手元に昭和63年6月の資料があります。初代レガシィが発売になる約1年前の資料です。そこには初代レガシィ開発者の思いや考えが100ページ以上に亘り綴られています。(このようにマーケティングや市場導入担当部門がお客様にいかに商品や開発の思いをお伝えするかを考える為に、徹底的に開発エンジニア達にインタビューやヒアリングを行う作業を行いますが、このブログでも代々の開発者の考え方や思いをピックアップしてお伝えしていきたいと思っています。)   

     乗るほどに愛着の湧くクルマに89rs_1

 初代レガシィは、なんかこう深みのあるクルマ、乗り込むほどに良さがわかるクルマを作りたかった。乗れば乗るほど愛着が湧くようなクルマに。

 今度のクルマは良く作られたクルマだね。よく開発されたクルマだね、乗ってみるといいクルマだね。と言われたかった。

 クルマ作りには何千人が係わってくるが、共通意識は「きちんと走るクルマにしたい」ということだった。ドイツのアウトバーンに似合う、性能的にも見合うクルマにしたかった。

 ただし、勿論他社と同じクルマを作るつもりはない。水平対向エンジンを新開発したのもその典型的な表れだ。しかも象徴として220PSのRSも用意した。

 フルタイム4WDを選んだのも、スバルが4WDを通して提供するものが、走りであり、安全にしかも楽に走れるという思想から来ている。4WDのメリットを何に使うかというと、より高い限界性能、それに伴う安定性、安全性だ。 

 以上 非常に短い抜粋ですが、ここにレガシィの原点がある気がしましたので 抜粋しました。昭和63年、今から18年前の話ですが、レガシィの「グランドツーリング思想」はここに原点があります。

 当時 時代はバブルの前でもあり、クルマはセダンが全盛の時代でした。既にRVブームの兆しはありましたが、初代レガシィはセダン中心の市場導入になりました。

10mann_krio_1
 但し、皆様ご存知の通り、10万キロ世界速度記録を達成し、「速いクルマ」という評価を頂いたレガシィは、その後 ワゴンなのに速いことを代表例として、もはやバンベースのワゴンでなく、高級ホテルに乗り付けることが恥ずかしくない、質の高いステーションワゴンの時代を拓いていくことになります。 

 この頃の思い出のある方や、初代レガシィにお乗りの方は 是非ブログに書いていただきトラック・バックをお願いします。

2006.5.29 ここだけの話

トラックバック

トラックバックの受付は終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» 11. -BGM- トラックバック With My Legacy
BGM 「I Saw the Light」 by Todd Rundgren from "Something/Anything... [続きを読む]

受信: 2006/05/29 18:18:00

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» 風邪をひいた&初代レガシーの思い出 トラックバック 春夏秋冬
朝から頭が重かったのですが、出社しました。 ですが、朝のミーティングが始まるあたりから具合が急変!1時間もしたらフラフラになってしまった。情けない。 [続きを読む]

受信: 2006/05/29 20:56:31

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» 『勿論他社と同じクルマを作るつもりはない』 トラックバック れがしぃ日記
 レガシィブログでの初代レガシィ開発当時の社内資料?の一節です。  初代レガシィは平成になってスバルが世に出した最初の車で、上の言葉はその1年前の昭和63年の開発中時のものです。  私が初めて自分の車を買ったのもちょうどこの頃です。  たぶんレガシィという車が出るという話は知らなかったと思いますが、まだお金のない頃なので新車は買えず、中古車でした。  ただ、皆が乗っている大メーカーの車�... [続きを読む]

受信: 2006/05/29 22:40:49

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» レガシィに試乗してきました トラックバック 好きな物をカッチャオー
早速、試乗してきましたよ! 市場車はレガシィB4 2.0GTスペックBのAT! 18インチホイールだったので、かなり固いかなと予想していたが、以外にマイルド。 ステアリングの径もちょうど良く、視界も良好だ。 もちろんSI-DRIVEも触ってみた。 SPORTS-SHARPでは吹け上がりの音が気持ちよかった。 日曜の夕方、しかも小雨模様という条件だったので、思い通りには走れなかったが、安定感ではかなり進化している。 ただ、気になる点もいくつか... まず、メーター周りが派手すぎ、エ..... [続きを読む]

受信: 2006/05/29 22:51:51

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» ラヴレター“初代レガシィへの想い” トラックバック お庭でいっぷく
先週スタートした『スバル レガシィ オフィシャル ブログ』で、今週は初代レガシィ [続きを読む]

受信: 2006/05/30 0:27:53

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» レガシィ見てきた♪ トラックバック 萌え店長のダメ人間成長記
金曜日ー。 相変わらずマリカ三昧です(^^;; 昨日も4人揃ったのでネット対戦を [続きを読む]

受信: 2006/05/30 4:37:16

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» 新型レガシィ(BP/BL D型)試乗会in十勝サーキット トラックバック GARAGE tak@
昨日は新型レガシィの試乗会”清水和夫氏によるセイフティドライビングセミナー&新型レガシィ体感試乗会”にこの方と一緒にTISまで行ってきました 当日はムスメさんの授業参観もあり途中まで参加して急いで札幌を出ました 道中は大雨で大変でした 約5分遅刻してついたので開会式が始まっていました 清水氏のセミナー後サーキットコースでの試乗① 試乗②です 今回はクラブマンコースで走らせてもらいました その後パイロンスラロームの試乗です テストドライバーの方の助手席でも乗ることができ面白かったです ... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 23:13:19

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» [クルマ]初代レガシィ トラックバック 2サイクル単気筒
ウチのはセダンGTなので、RSとかに比較すると「狼の皮を被った羊」的存在ではありますが。 あまり乗ってないのですが、公式ブログを引用して少しだけ語らせていただこうかと思います。 乗るほどに愛着の湧くクルマに http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292711 「4... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 21:32:59

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» BC−5 初代レガシィ トラックバック インプレッサ日記
スバル公式のレガシィブログで、初代レガシィの話がありました。 さらに、今回のテーマは「あなたのレガシィライフを自慢してください」とあったので、ちょっと昔の話だけど書いてみました。 現在の愛車はGC8インプレッサだけど、その前の愛車はBC5−B型レガシィのRS−RA。 このブログを見てその車のことを思い出し懐かしくなりました。 ブログの中に 乗るほどに愛着の湧くクルマに とあります。 おそらく開発のコンセプトだと思うけど、まさしくそのとおりのクルマだったと... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 1:19:31

この記事へのトラックバック一覧です: 初代レガシィの話:

» 政治家の愛車【有名人の愛車調査!2】 トラックバック 自動車
あの有名人はいったいどんな自動車に乗っているのだろうか? 思わず気になる愛車の購入傾向を徹底調査いたしました!!(雑誌ベストカーより) [続きを読む]

受信: 2006/06/14 6:14:52

ページのトップへ